PC - キーボード間は無線化したいけど、キーボードの左右間は有線接続にしたい場合は、[LPME-IO](https://github.com/sekigon-gonnoc/LPME-IO)を使うことで実現できます。両方とも無線化したい場合は、[[キーボード/claw44/拡張プレート/無線接続|無線接続]]を参照ください。 まずは、[LPME-IOの公式ドキュメント](https://github.com/sekigon-gonnoc/LPME-IO)を読み仕組みを理解してください。 # 必要な部品 - [Claw44v3/wings42v2用 BMPバッテリープレート](https://shop.dailycraft.jp/products/ext3_bmp_set) x 1 - [BLE Micro Pro(単体)](https://shop.dailycraft.jp/products/bmp) x 1 - [コンスルー 13ピン 2.5mm 2本セット(BMP用)](https://shop.dailycraft.jp/products/conthrough_13) x 1 - [LPME-IO / BOOTH](https://nogikes.booth.pm/items/1656264) x 1 - [コンスルー 12ピン 2.5mm 2本セット(Pro Micro用)](https://shop.dailycraft.jp/products/conthrough) x 1 # BMPの準備 - 片方はBMPをつけるので、[[キーボード/claw44/拡張プレート/無線接続|無線接続]]を参考にBMPバッテリープレートを準備してください # LPME-IOの準備 - Claw44v3用に、LPME-IOのジャンパをブリッジします - A-Fと書かれている部分が対象になります ![[キーボード/claw44/拡張プレート/assets/lpmeio-bridge.jpg]] # キーボード側のブリッジ - 左右間の接続でi2cを使用できるようにします - 赤枠の4箇所をハンダブリッジさせてつなぎます ![[キーボード/claw44/拡張プレート/assets/lpmeio-bridge-i2c.jpeg]] - 左右に別れている真ん中あたりからハンダを流し込んで繋げてください ![[キーボード/claw44/拡張プレート/assets/lpmeio-bridge-i2c-solder.jpeg]] # マイコンとケーブルの接続 - 左側にBMPの取り付けます - 右側にLPME-IOを取り付けます - 左右間をTRRS(4極)ケーブルで接続してください ![[キーボード/claw44/拡張プレート/assets/lpmeio-cable.jpeg]] # プレート、カバーを取り付ける - 左側にBMPバッテリープレート、右側にはProMicro保護プレートを取り付けます ![[キーボード/claw44/拡張プレート/assets/lpmeio-cover.jpeg]] # ファームウェア - BMPのドキュメントを参照ください - [自作キーボードキットを無線化する](https://sekigon-gonnoc.github.io/BLE-Micro-Pro/#/getting_started) - WebConfiguratorにclaw44 rev1が登録されているので、「Use with LPME-IO」にチェックを入れて書き込んでください ![[キーボード/claw44/拡張プレート/assets/lpmeio-web-config.jpeg]]